FC2ブログ
36歳で13年ぶりに剣道を再開。アキレス腱断絶、 リハビリ、そして再チャレンジ。オヤジ剣道日記。
とぎれとぎれ
今年のゴールデンウィークも終わります
2020-05-06-Wed  CATEGORY: 家族
新型コロナによる全国非常事態宣言は5月末まで
延長することが決定しました。
今回の一連の宣言を受けて目立ったのは各都道府県の
知事たちのメッセージです。こんなに一同に聞く機会は
これまでなく。この知事の考えは分かりやすい。
この人、魅力的だな。などなと。

ゴールデンウィークも終わります。
今年は家の大掃除をしました。これは新たな発見。
大掃除は毎年、ゴールデンウィークにしよう!
寒くない。暑くない。掃除がはかどります。
年末の寒い時にやっても、手を抜きがち。
同じ年に一回なら。別にゴールデンウィークで
何が問題なのか。いいではないか。

あとは家の手伝いなど何だかんだで忙しく
過ごせました。家にいると色々、用事があるのです。

お庭の野菜も少しですが、収穫。新たな苗の
植え付けもしました。
2020050612271477c.jpeg

20200506122713d03.jpeg

そしてゴールデンウィーク最終日は、息子と夕飯作り。
ローストビーフに初挑戦。我が家にはオーブンレンジが
無いのですが、オーブンを使わなくても簡単にローストビーフが
出来るというレシピを見て、挑戦。

まずは、もも肉を調達。ブロックのローストビーフ用。
ピンキリですね。我が家は人数も多いし、食べ盛りの私?
いえいえ、、子供達もいますので、庶民的に安い豪🇦🇺肉です。
2ブロック。800gほどです。下準備で塩胡椒で寝かせます。
202005062111409dd.jpeg

強火で6面をしっかり焼きます。各面1分〜2分。
2020050621114242b.jpeg
その後、ラップで包みます。
20200506211143b8d.jpeg
沸かしたお湯を準備。先程のラッピングした肉をさらに
ジップロックに入れて、お湯で湯煎します。完全にお湯に
浸かるように重しをします。2分程、沸騰させて、
火を止めて。そのまま20分〜30分待ちます。
20200506211145262.jpeg

さて、その間。先程焼いたフライパン。肉汁もそのままです。
赤ワインとお醤油、塩、お砂糖。火をかけながら、沸騰
直前まで温度を上げていきます。ローストビーフのソース作り。
20200506211146b78.jpeg

赤い肉が心配という妻に負けてしまい、湯煎を50分も
やってしまいました。それにより、写真の通り、
ローストビーフですが、赤い部分は少ないです。
20200506211149e49.jpeg

完成!!ソースをかけて食べます。
202005062111511d3.jpeg

今年のゴールデンウィーク最後の食事。
良い締めくくりでした。明日からまた、在宅勤務です。
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
日光観光
2019-10-12-Sat  CATEGORY: 家族
三連休は50年に一度のクラスの大型台風が来ます。
この連休は稽古は全てお休みの連絡。
外出も出来ないので、おとなしく。家で過ごします。

会社勤め25年。正しくは26年目。
リフレッシュ休暇。でもなかなか取得でない。
連続して取得しなければならないのですが、
今週も結局予定してましたが、叶わず。

でも1日だけ休めたので、妻と2人で日光観光です。
実は日光には一度も行った事がなく。
一度行ってみたいと思っていました。

意外と近いのですね。何にも知らないのですが、
わからないままに奥日光 中禅寺湖で宿泊しました。
日光東照宮は、これは江戸庶民には一大娯楽施設。
夢の遊園地だったのでしょうね。京都や奈良とは全く
異なる当時の最先端のリゾート施設だったのでしょうね。
唐やオランダの最先端の技術が至る所に取り入れられてます。
立派でした。見所満載です。平日という事もあり、
小学生の修学旅行生達がたくさんいます。この列に混じって
ガイドさんの説明を聞いて、勉強になりました。
小学生は興味なさそうに聞いてましたが、大人には、
大変勉強になり、興味津々でした。いや〜助かりました。

私的には大猷院が良かったです。家光公の廟でありますが、
日光東照宮を造ったのも家光。自身は家康を超えてはいけない
と少々控えめに装飾していますが、それが逆に重厚さを
醸し出しています。
20191012122745632.jpeg

20191012122748aab.jpeg

さらに日光東照宮よりもずっと古くから山岳宗教の場で
あった滝尾神社に思い切って向かいました。
山道を歩くのですが、かなりハードでしたが、30分近く
歩いて到着。ここも山道の森林パワーを受けて、
自然の神秘を感じる場所でした。ツアーにはならない
場所でしょうが、日光なら両方行くべきです。

夕方に中禅寺湖へ。華厳の滝を見て、中禅寺湖畔に
宿泊しました。中禅寺湖もとても良かったです。
20191012122746a6f.jpeg

残念ならが翌日は午後からどうしても外せない会議が
あり、朝、中禅寺湖を出発して、午後から会社です。
中禅寺湖の横は男体山。ここには登山口があります。
山頂まで3時間らしい。興味あります。次回はここに
行ってみたいです。
20191012122749a86.jpeg

姿も美しい山です。古くから栄えた観光地らしいが、
今は潰れた旅館や施設が目立っています。日光東照宮は
世界遺産登録で外国人も溢れて活気ありますが、
奥日光 中禅寺湖は寂しいです。でも私は泊まるなら
中禅寺湖だな。と我ながら何にも分からず、適当に予約した
自分を褒めています。
トラックバック0 コメント0
夏休み
2019-08-23-Fri  CATEGORY: 家族
夏休み取りました。
会社の保養所がある修善寺です。
毎年申込みして癒して頂いています。
ちょうど脚と手首の温泉治癒となるでしょう。

天気も雨が降ったり止んだりで、暑さも
随分と楽です。
今年の夏休みは、分散して取得。私は自己啓発で、
外部研修を受けたりもしました。
今週が最後ですが、家族とのんびり過ごせました。
20190823150929617.jpeg

帰りに三島駅からバスに乗って、
柿田川湧水公園に行きました。日本の名水100選。
初訪問です。あまり、駅の観光案内などでは、
大きく取り上げられていません。
あまり、大したことないのかな。。。

心配の予想を裏切るスポットです。夏休みで、
修善寺も三島も人がいっぱいでしたが、
ほとんど人を見ません。人気は無さそうなのは
予想通りですが、中身は、見事なジオパークです。
富士山の偉大さを肌で感じます。

富士山から溜まった湧き水が地下に溜まり、
一気に噴き出している場所らしいです。
この2つ湧き水が一級河川の柿田川に
なっています。毎秒7トン?確か。凄いですね。
201908231509309a9.jpeg

20190823150933dd7.jpeg

写真では分かりづらいですが、湧き出している綺麗な水が
よく分かります。
昭和40年代までは、この水を求めて、紡績工場があり、
工場が廃棄水を垂れ流して、川にヘドロが溜まり、
汚い河川だったそうです。県も市も企業からの税収を
期待して、何も手を打たなかったそうです。

民間の活動により、15年間かけて
この姿か戻ったらしいです。もう2度と同じ事を繰り返さない。
と今も民間の活動は続いているそうです。

工場が水の組み上げに使った井戸が、今は展望スポットです。
201908231509324eb.jpeg

この湧き水が川になって、飲料水や駿河の海の桜エビを
育てているそうです。
20190823150935cdb.jpeg

良い時間でした。
トラックバック0 コメント0
ゴールデンなウィーク
2019-05-06-Mon  CATEGORY: 家族
これまで社会人生活25年。
9連休はありましたが、それでも何日かは出勤して
いたものでした。今年は働き方改革。労基法改正
もあり連休中は出勤は事前承認以外はご法度。
部下は何名かお客様対応で出社ありましたが、
私は事前申請も出来なく、会社出勤無し。
そして10連休。前半は稽古も出来ましたが、
久しぶりに後半は岡山に帰省でした。
旧友とも会えて、のんびりと過ごせました。
少しリフレッシュ出来たように思います。

令和も始まり、新天皇即位もありました。
明日から頑張るぞ。何だか、新年お正月を
迎えるような気持ちです。

過去、帰省時に何度もチャレンジしたが、
お店の休みと重なり実現出来なかった
支那そば、かつ丼「だて」です。
時間を外して14時に行きましたが、行列が。
昔は行列などはかったのですが。
201905062118174d0.jpeg

10年以上ぶりです。高校時代から変わらない
味です。幸せでした。高校時代は、セット
など無く、支那そばとかつ丼。スープのみ。
今はセットがあるようです。
私は、かつ丼と半ラーメンのセット。
岡山ラーメンと岡山ソースカツ丼です。
お店を出ると、更に行列は長くなってました。
201905062118183d3.jpeg
20190506211819c64.jpeg

トラックバック0 コメント0
春なのに
2018-03-29-Thu  CATEGORY: 家族

我が家の庭も春の芽吹きです。
20180329075534d9f.jpeg
こちらは桑の木。丈夫な樹ですね。
201803290755354ee.jpeg

火曜日。夜、飲み会もなく。早く帰宅して、
超久しぶりに火曜日の夜の稽古に参加。
尊敬する、I成先生にじっくり稽古付けて頂きました。
「虚実」虚を打つ。さらには、実から虚に変わるところ、
虚から実に変わるところを打つ。また、虚は構えに
現れるそうです。これが分かれば、負けない。
これは、昭和の剣豪、中倉清先生に教わったそうです。
I成先生も最近やっと分かってきたそうです。
ちなみに先生は昨年、全国高齢者大会85歳以上の部で、
準優勝されています。今年89!??
まだまだ長い道のりです。
【稽古カウント 17】
トラックバック0 コメント0
<< 2020/07 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2020 とぎれとぎれ. all rights reserved.