FC2ブログ
36歳で13年ぶりに剣道を再開。アキレス腱断絶、 リハビリ、そして再チャレンジ。オヤジ剣道日記。
とぎれとぎれ
勉強
2017-12-03-Sun  CATEGORY: 身体
市民講座「スポーツと心臓突然死」
日経新聞の広告を見て、参加です。
心臓蘇生法の講座は、体育指導員の講習でも
受けていますが、時間経つと記憶が薄まりますし、
知識も曖昧ですので、受講を決心。
今回は東京大学の心臓専門医の先生方とさらに
パネルディスカッションは、あの元F1ドライバーの
片山右京、スポーツジャーナリストの二宮清純。

20171203173907579.jpg

東京駅のJPタワーホールです。120、30名ぐらいの
参加だと思います。F1ドライバーのアスリート度は
無知でした。心拍数200まで上がるレースを2時間。
普通は病院行き。心臓医から見れば、人間ではない
領域らしいです。その神の領域(心臓医がそう表現)
の為に自転車などの日々激しいトレーニング積む
そうです。その為、心臓の筋肉は厚くなり、
一番現役の時は平常時の心拍数は28!プロスポーツ
選手でも30後半から40代。一般人は60〜70。
これまた、心臓医は、今まで見たことが無い。と。
いかにF1ドライバーが神の領域か。分かりますね。

ちなみに私も50前後ぐらいで、いわゆるスポーツ心臓。
小さな時から掛かり稽古で鍛えた剣道家は、
おそらくこのくらいでしょう。

最近のスポーツ事故の動向なども勉強させて頂きました。
熱中症によるスポーツ突然死は、日本では野球がダントツ。
炎天下の中。間違った根性論でやるからでしょう。

野球の後は、ラグビー、柔道、剣道となるそうです。
剣道の脱水症は分かりますね。30分で水分補給らしいです。
最新のスポーツ科学が進んでいるサッカーやテニス
は事例が少ないのです。やはり根性論は危険です。
テレビ見ていてもちゃんと水分補給していますよね。

そして、スポーツやサウナの後のアルコール。
これがまた、最悪らしいです。心臓医から見れば
愚の骨頂らしいです。剣道家は、皆んな好きですよね。
脱水症で心臓の筋肉が動かなくなり、突然死。
・アルコールを水分だと思っている愚かな人。
・ビールが美味いからスポーツやサウナの後、
ビールまでと我慢。止めましょう。
・スポーツの後、アルコールは更に脱水を加速
しているだけ。
・サウナで水風呂。これも最悪。表面温度を一気に
下げると血管収縮して内臓血液が濃縮。
内臓機能を低下させる。
以上ドクターの言葉です。

"心臓震とう"というスポーツ突然死も多いそうです。
ボールやボクシングの拳が心臓に直接衝撃を加え、
心臓が止まる突然死。剣道の事例紹介は無かった
ですが、聞いていると、剣道の突きも怖いですね。
試合などで、高校生あたりは、思いっきり突いて
結構、胸に外しています。剣道の突きの衝撃も
相当なものがあるはずです。他のスポーツでは、
既にこの心臓震とうを防ぐ為にサポーターも製品化
されて、装着させているそうです。剣道は、その点、
サポーターというのは、極端に昔から変わって
いなく、むしろ悪とされています。これも非科学的
に感じます。

講習とパネルディスカッションの後は、蘇生方法の
実習です。圧迫蘇生とAEDの練習です。
練習でも慌てますし、怖いです。
もし、本当にこんな場面に出くわして、冷静に対応
出来るだろうか?でも練習しないと、全く無知識だと
もっと怖いでしょうね。もちろん、そんな場面が
ない事が一番大事ですが。

約4時間。しっかり勉強出来ました。
無知識ほど怖いものは無いです。
温故知新。剣道も大事な物を受け継ぎながら、
外部からも技術や知識を身につけないといけませんね。

JPタワーやKITTEは、クリスマスモード。
2017120317390930a.jpg

JPタワーから見た東京駅も素敵でした。
201712031739081e7.jpg

稽古は出来ませんでしたが、学びの多い休みでした。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2018 とぎれとぎれ. all rights reserved.